錦織圭が「世界4位」に現実味 5位から浮上で何が変わる?

公開日: 更新日:

 20日、全豪オープン1回戦を快勝した錦織圭(25)。22日に予定されている2回戦の相手は世界ランク86位のイバン・ドディグ(30=クロアチア)に決まった。4大大会で4回戦進出がベストという成績なので、3年前は世界ランク9位だった初戦のアルマグロ(29=スペイン)に比べれば比較的楽な相手といえよう。

 錦織がドディグに勝って順当に4回戦ぐらいまで勝ち進めば、現実味を増すのが「世界ランク4位」だ。

 現在錦織の世界ランキングは5位。同4位のスタン・ワウリンカ(29=スイス)とは300ポイント以上の差があるものの、ワウリンカは今大会連覇しなければ、ポイントを減らすことになる。昨年の全豪オープン優勝で獲得した2000ポイントが失効、今大会準優勝で1200ポイントを獲得しても、800ポイント失う計算だ。

 ワウリンカは順当に勝ち進めば、準々決勝で錦織と当たる。昨年大会4回戦で敗退の錦織は、ワウリンカを撃破して4強に進めば540ポイント上積みできる。こうなれば錦織は大会後、4位に浮上する可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る