日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織圭が「世界4位」に現実味 5位から浮上で何が変わる?

 20日、全豪オープン1回戦を快勝した錦織圭(25)。22日に予定されている2回戦の相手は世界ランク86位のイバン・ドディグ(30=クロアチア)に決まった。4大大会で4回戦進出がベストという成績なので、3年前は世界ランク9位だった初戦のアルマグロ(29=スペイン)に比べれば比較的楽な相手といえよう。

 錦織がドディグに勝って順当に4回戦ぐらいまで勝ち進めば、現実味を増すのが「世界ランク4位」だ。

 現在錦織の世界ランキングは5位。同4位のスタン・ワウリンカ(29=スイス)とは300ポイント以上の差があるものの、ワウリンカは今大会連覇しなければ、ポイントを減らすことになる。昨年の全豪オープン優勝で獲得した2000ポイントが失効、今大会準優勝で1200ポイントを獲得しても、800ポイント失う計算だ。

 ワウリンカは順当に勝ち進めば、準々決勝で錦織と当たる。昨年大会4回戦で敗退の錦織は、ワウリンカを撃破して4強に進めば540ポイント上積みできる。こうなれば錦織は大会後、4位に浮上する可能性が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事