• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

MLB新コミッショナー就任で強まる日本人投手への“逆風”

 MLBのコミッショナー交代で日本人投手は肩身の狭い思いを強いられそうだ。

 25日にバド・セリグ氏(80)に代わってコミッショナーに就任したロブ・マンフレッド氏(56)。MLBの収益確保を優先して前任者の拡大路線を踏襲すると明かしているが、大胆な改革も検討。マンフレッド新コミッショナーが真っ先にメスを入れるのが試合時間の短縮だ。

 昨年の秋季リーグでは投手の「20秒ルール」を試験的に導入するなど、時短を目的として改革案を相次いで打ち出している。

 同コミッショナーは就任直前、スポーツ専門局「ESPN」のインタビューで「極端な守備シフトはなくすべきだとの考え方を否定しない」と発言。ここ数年増えている、一塁側や三塁側の一方に内野手を配置する極端な守備陣形を禁止するとほのめかした。これは内野手を本来の守備位置に固定させて、より攻撃側に有利にするのと同時に、内野陣が移動する時間を削減する狙いもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る