MLB新コミッショナー就任で強まる日本人投手への“逆風”

公開日:  更新日:

 MLBのコミッショナー交代で日本人投手は肩身の狭い思いを強いられそうだ。

 25日にバド・セリグ氏(80)に代わってコミッショナーに就任したロブ・マンフレッド氏(56)。MLBの収益確保を優先して前任者の拡大路線を踏襲すると明かしているが、大胆な改革も検討。マンフレッド新コミッショナーが真っ先にメスを入れるのが試合時間の短縮だ。

 昨年の秋季リーグでは投手の「20秒ルール」を試験的に導入するなど、時短を目的として改革案を相次いで打ち出している。

 同コミッショナーは就任直前、スポーツ専門局「ESPN」のインタビューで「極端な守備シフトはなくすべきだとの考え方を否定しない」と発言。ここ数年増えている、一塁側や三塁側の一方に内野手を配置する極端な守備陣形を禁止するとほのめかした。これは内野手を本来の守備位置に固定させて、より攻撃側に有利にするのと同時に、内野陣が移動する時間を削減する狙いもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る