屈辱敗北なのに「アギーレ続投」 自ら首絞める協会のセンス

公開日: 更新日:

 アジア杯連覇を狙った日本代表。それが準々決勝のUAE戦でPK戦負けを喫し、ベスト4にも残れなかった。世界的名将であっても解任論が出るのが、サッカー界の常識というモノ。にもかかわらず、試合後に日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、取り囲んだ報道陣にアギーレ監督の進退に関して「続投ですか?」と聞かれ、「そうです」と返答したから驚いた。続けて「十分やってくれている」とのコメントまで出したのだ。

 おいおい、ちょっと待ってくれ! である。

 日本は、ここ4大会のアジア杯で優勝3回、4強1回と好成績を収めている。準々決勝で姿を消すのは、96年の第11回大会以来の屈辱である。

 ましてやアギーレ監督はスペインリーグの監督時代の11年、八百長に関与したとして当地の検察当局に告発されている。そんな灰色指揮官が、準々決勝で負けて「続投」も何もないだろう。スポーツライターの平野史氏が「大仁会長は、自分で自分のクビを絞めている」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る