屈辱敗北なのに「アギーレ続投」 自ら首絞める協会のセンス

公開日:  更新日:

 アジア杯連覇を狙った日本代表。それが準々決勝のUAE戦でPK戦負けを喫し、ベスト4にも残れなかった。世界的名将であっても解任論が出るのが、サッカー界の常識というモノ。にもかかわらず、試合後に日本サッカー協会の大仁邦弥会長は、取り囲んだ報道陣にアギーレ監督の進退に関して「続投ですか?」と聞かれ、「そうです」と返答したから驚いた。続けて「十分やってくれている」とのコメントまで出したのだ。

 おいおい、ちょっと待ってくれ! である。

 日本は、ここ4大会のアジア杯で優勝3回、4強1回と好成績を収めている。準々決勝で姿を消すのは、96年の第11回大会以来の屈辱である。

 ましてやアギーレ監督はスペインリーグの監督時代の11年、八百長に関与したとして当地の検察当局に告発されている。そんな灰色指揮官が、準々決勝で負けて「続投」も何もないだろう。スポーツライターの平野史氏が「大仁会長は、自分で自分のクビを絞めている」とさらに続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る