日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

18年平昌で金狙い ジャンプ葛西紀明に「来季休養」プラン

「前向きな休戦」ということか。

「レジェンド」ことスキー男子ジャンプの葛西紀明(42)がこのところ精彩を欠いている。

 シーズン序盤の11月に行われたW杯個人第3戦で優勝。1月上旬の第12戦、13戦と連続で表彰台に上がったものの、以後は全て5位以下。25日に行われた第19戦(札幌)にいたっては地元にもかかわらず8位に終わった。

 昨シーズンはソチ五輪で個人、団体の2つのメダル(個人=銀、団体=銅)に加え、W杯個人総合でも4位。それが今季は現時点(30日)で7位なのだから、「いよいよ限界か」という声もある。

 しかし、スキー関係者によれば、葛西本人はこの不調を全く気にしていない。むしろ「追い風」に利用しようと、3年後の18年平昌五輪(韓国)に向けたある決断を下す可能性があるという。それが「来季休養」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事