• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マウンド上で“沈黙”の日ハム大谷 他球団が戦々恐々のワケ

 3日、巨人戦とのオープン戦(札幌ドーム)に先発し、一回に四球からいきなり4失点を喫するなどピリッとしなかった日本ハムの大谷翔平(20)。とはいえ、大谷がもっか取り組むフォーム修正に警戒をあらわにするのが、ライバル球団のスコアラー陣だ。

「踏み出した左ヒザが沈むから重心が低くなる。このフォームだと安定感が増すので、大谷の欠点でもあった制球力が改善される。さらにリリースポイントも打者に近くなるので、打者の体感速度はこれまで以上だろう。となれば、大谷も速球を投げるために全力投球をする必要がなくなる。スタミナのロスも防げる上、制球の安定にも結びつく」

 他球団のスコアラーはこう言って口を揃える。

 昨季は約155イニングで57四球、6暴投。ただでさえ160キロを投げる投手に制球力が加われば、鬼に金棒だ。これだけでも他球団にとっては脅威なのに、大谷の成長は技術面に限らない。西武の亀井スコアラーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る