マウンド上で“沈黙”の日ハム大谷 他球団が戦々恐々のワケ

公開日: 更新日:

 3日、巨人戦とのオープン戦(札幌ドーム)に先発し、一回に四球からいきなり4失点を喫するなどピリッとしなかった日本ハム大谷翔平(20)。とはいえ、大谷がもっか取り組むフォーム修正に警戒をあらわにするのが、ライバル球団のスコアラー陣だ。

「踏み出した左ヒザが沈むから重心が低くなる。このフォームだと安定感が増すので、大谷の欠点でもあった制球力が改善される。さらにリリースポイントも打者に近くなるので、打者の体感速度はこれまで以上だろう。となれば、大谷も速球を投げるために全力投球をする必要がなくなる。スタミナのロスも防げる上、制球の安定にも結びつく」

 他球団のスコアラーはこう言って口を揃える。

 昨季は約155イニングで57四球、6暴投。ただでさえ160キロを投げる投手に制球力が加われば、鬼に金棒だ。これだけでも他球団にとっては脅威なのに、大谷の成長は技術面に限らない。西武の亀井スコアラーが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る