大関でも月給234万円 白鵬の全勝Vを許したふがいなさ

公開日:  更新日:

 61本の懸賞旗が、むなしく土俵を回った。

 大相撲初場所は、場所前から横綱白鵬による大鵬超え、歴代最多の33度目の優勝が話題になっていた。企業も注目し、白鵬が初日から連勝を続けると懸賞金の申し込みが殺到。大記録が決まるであろう千秋楽の結びの一番を指定する企業が多く、その数は過去最多の61本という数になった。
 ところが、白鵬は13日目にあっさり優勝。25日の千秋楽は単なる消化試合と化した。

 白鵬以外にも横綱は2人いたが、白鵬に食い下がるどころか千秋楽を待たずに優勝を譲る始末。大関陣も、勝負弱い稀勢の里はまだマシな方だ。琴奨菊はカド番に苦しみ、豪栄道にいたっては千秋楽にカド番を脱出するのがせいぜい。地位を維持するのが精いっぱいという体たらくで、全勝優勝を許した。

 それでいて、給料はケタ違い。横綱は月給282万円、大関は234万円、関脇と小結は169万円。横綱、大関は平幕の131万円、十両の103万円に比べると倍の給料をもらっている。それならば給料にふさわしい働きをしてしかるべきなのに、カド番でヒーヒー言ったり、「とりあえず、負け越さなきゃいい」といったありさま。

 相撲協会は白鵬以外の幕内力士全員、待遇も給料も平幕に落としてケツをひっぱたいた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る