“おしゃべり”白鵬のだんまりが日本人に優勝チャンスの理由

公開日:  更新日:

 しゃべりたい。猛烈にしゃべりたいけど、こちらにも意地というものが――。そんな様子がありありとうかがえたのが、横綱白鵬(29)だ。

 8日に初日を迎えた大相撲春場所。白鵬は結びの一番で妙義龍と対戦。立ち合いで体が伸びたところに引き技で体勢を崩すも、何とか押し倒しで勝ちを得た。勝ち名乗りでは懸賞の束を引っつかんで、いつも以上にぶん回すしぐさも見せた。

 相撲担当記者たちにとって、この日の「本割」はここから。白鵬は初場所後の審判部批判からというもの、報道陣には一切口を閉ざしている。2月の相撲トーナメントでは支度部屋で報道陣に背中を向けてマゲを結い直すなど、無視を決め込んでいた。それだけに本場所でも同様の態度を取るのかに注目が集まっていたのだ。

 風呂から上がった白鵬は正面を向いて座った。そこで担当記者が「いつもより低い立ち合いでしたが……」と聞くと、何やら言いたげに口を開きかける。報道陣が一斉に耳を寄せるも、しかし無言。「(優勝33回の)大記録を達成して気持ちに変化は」という質問にも反応しかけたが、最後までコメントを発することはなく、「下がって」と報道陣を追い払った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る