広島“黒田フィーバー”逃し…今季交流戦でパ3球団が大打撃

公開日: 更新日:

 楽天の関係者が「ババ」というのは、その「隔年ごと」の本拠地開催権のこと。当初はパの各チームも「1年ごとに本拠地が代わるだけなら」とタカをくくっていたものの、今季はメジャー帰りの黒田博樹(40)の影響もあって、広島戦の集客が好況。交流戦でも広島戦はどの球場も満員が予想されている。

 が、今季から18試合制になったことで、パの球団で「ドル箱」の広島戦をホームで行えるのは、ソフトバンクオリックス西武の3球団だけ。楽天、ロッテ日本ハムはビジターでの3連戦しかなく、「クロダノミクス」で潤う他球団の姿を指をくわえて見ているしかないのである。

「来季はホームで広島戦を行えるとはいえ、今オフにはマエケン(前田健太)がメジャー移籍する可能性が高いし、黒田だって成績次第では引退してしまうかもしれない。そうなれば、今年ほど広島戦の集客は期待できない。運が悪いといわれればそれまでですが、黒田フィーバーが盛り上がれば盛り上がるほど楽天、日ハム、ロッテの営業担当者は歯噛みすることになるでしょうね」とは、前出関係者。

 ちなみに、観衆3万人とした場合の1試合の平均的な売上額は、チケット代や物販を含めおよそ1億円といわれる。3連戦なら軽く3億円は稼げた。悔しがるのもムリはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る