マイアミOPで錦織と初対戦 データで見るイスナーの手ごわさ

公開日:  更新日:

 テニスのマスターズ「マイアミ・オープン」(米フロリダ州マイアミ)。男子シングルスで2年連続ベスト8入りした第4シードの錦織圭(25=世界5位・日清食品)と2日(日本時間3日)の準々決勝で対戦することになった、世界ランキング24位で第22シードのジョン・イスナー(29=米国)。

 身長208センチのビッグサーバーで、同4回戦ではラオニッチの13本に対し、25本のサービスエースを決めて勝ち進んだ。それだけに、大会シードもランキングもやや格下といえ、錦織にとっては侮れない相手になりそうだ。

 しかもATPの昨シーズンのデータを見ると、同じビッグサーバーのラオニッチに比べ、イスナーはより手堅いことが分かった。

 まず第1サーブの確率だが、ラオニッチが61%に対しイスナーは68%。サービスゲームをキープする確率は、ラオニッチが90%でイスナーは93%だ。そして相手にブレークポイントを握られながらもセーブした確率は、ラオニッチが69%でイスナーは75%。こうした数字を見ると、錦織にとってイスナーは、ラオニッチよりブレークしにくい相手といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る