錦織圭がストレート勝ちで16強 世界3位浮上の可能性も

公開日:  更新日:

 まさに圧勝だった。

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)男子シングルス3回戦が30日(現地時間)に行われ、世界ランク5位で第4シードの錦織圭(25)は同39位のビクトル・トロイツキ(29=セルビア)と対戦。6-2、6-2のストレート勝ちで4年連続の16強入りを果たし、今季20勝目に到達した。

 錦織は、193センチの長身を生かした強力なサーブを武器とするトロイツキに一歩も引かなかった。第1セットの第1ゲームでいきなりブレークすると終始、試合の主導権を握り続ける。体を狙って打ち込んでくる高速サーブにも上体を目いっぱいひねって打ち返して冷静に対応した。相手の隙を突いたネットすれすれのドロップショットを決める余裕も見せた。腰を痛めて治療を受けながらプレーを続けた相手を寄せつけなかった。

 これで錦織は世界ランクで自己最高位に浮上するチャンスが出てきた。29日の3回戦では前回準優勝で同3位のラファエル・ナダル(28=スペイン)が格下のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)相手にまさかの敗退。錦織が4回戦を勝てば、ランキングではナダルを超える。さらに今大会で優勝すれば過去最高の3位に上がる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る