錦織圭がストレート勝ちで16強 世界3位浮上の可能性も

公開日:  更新日:

 まさに圧勝だった。

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州)男子シングルス3回戦が30日(現地時間)に行われ、世界ランク5位で第4シードの錦織圭(25)は同39位のビクトル・トロイツキ(29=セルビア)と対戦。6-2、6-2のストレート勝ちで4年連続の16強入りを果たし、今季20勝目に到達した。

 錦織は、193センチの長身を生かした強力なサーブを武器とするトロイツキに一歩も引かなかった。第1セットの第1ゲームでいきなりブレークすると終始、試合の主導権を握り続ける。体を狙って打ち込んでくる高速サーブにも上体を目いっぱいひねって打ち返して冷静に対応した。相手の隙を突いたネットすれすれのドロップショットを決める余裕も見せた。腰を痛めて治療を受けながらプレーを続けた相手を寄せつけなかった。

 これで錦織は世界ランクで自己最高位に浮上するチャンスが出てきた。29日の3回戦では前回準優勝で同3位のラファエル・ナダル(28=スペイン)が格下のフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)相手にまさかの敗退。錦織が4回戦を勝てば、ランキングではナダルを超える。さらに今大会で優勝すれば過去最高の3位に上がる可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  2. 2

    金銭より年数で…FA浅村の楽天入りは“ゆとり世代”ならでは

  3. 3

    特捜部を待つゴーンの徹底抗戦 “人質司法”には絶対屈しない

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    清水国明は68歳で第5子 芸能界“高齢パパ”の気になる共通項

  6. 6

    先輩2人が大減俸…オリFA西「2度目の交渉」は別れの挨拶か

  7. 7

    提示は5億円減 オリ金子「自由契約ある」で巨人入り怪情報

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  10. 10

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

もっと見る