広島の新助っ人シャーホルツは「速球には強いが左腕に弱い」

公開日:  更新日:

 どうやら今年は本気のようだ。広島は3日、前レンジャーズのネイト・シャーホルツ外野手(31=188センチ、97キロ、右投げ左打ち)と契約合意に達したと発表した。1年契約で、年俸は116万2000ドル(約1億3900万円)プラス出来高だ。

 広島はヤンキースの黒田が8年ぶりに復帰。投手力はアップしても、昨季37本塁打でタイトルを取ったエルドレッド(34)は右膝手術で戦列を離れている。優勝を狙うにはポイントゲッターの存在が欠かせない。広島としてはかなり奮発して獲得した外野手は、どんな選手なのか。スポーツライターの友成那智氏が言う。

「この時期に取った選手にしては悪くないです。メジャー通算799試合、打率.253、52本塁打、228打点。13年にはカブスで137試合に出場し、21本塁打をマーク(打率.251、68打点)。足も速い方だし、強肩で送球も正確。守りがよく、広島向きの選手とも言えます。打者としての特徴は、早打ちで速球に強いこと。レベルスイングで外野の間に鋭いライナー性の打球をよく飛ばす。でも、昨年は相手投手が変化球を多投するようになり、それを意識して得意だった速球が前ほど打てなくなった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る