勝ち負けつかずも…広島マエケン「メジャー準備」抜かりなし

公開日: 更新日:

 満員御礼。スタンドが真っ赤に染まったマツダスタジアムで開幕投手の大役を任された前田健太(26)は、新球の落ちるスライダー(縦スラ)を効果的に使った。三回には2死一、二塁のピンチで、畠山に対して外の縦スラを意識させ、内角速球で空振り三振。7回2失点も打線の援護に恵まれず勝ち負けはつかなかったが、「結果として(チームは)負けてしまったし、もう少ししっかりした投球をしないといけなかった」と語った。

 実は前田、キャンプ終盤から短期間で縦スラを手の内に入れたという。その理由をライバル球団のスコアラーがこう「解説」する。

「マエケンは昨年、スプリットの習得に失敗。縦に落ちる変化球がない。チェンジアップはいわゆるサークルチェンジで、シュート気味に落ちる。この日は得意の横スラよりも縦スラが多かった。右打者の外角に加え、左打者の内角にも何球か投じていた。たまに制球が甘くなる時はあるが、今後はさらに磨きがかかってくるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る