勝ち負けつかずも…広島マエケン「メジャー準備」抜かりなし

公開日:  更新日:

 満員御礼。スタンドが真っ赤に染まったマツダスタジアムで開幕投手の大役を任された前田健太(26)は、新球の落ちるスライダー(縦スラ)を効果的に使った。三回には2死一、二塁のピンチで、畠山に対して外の縦スラを意識させ、内角速球で空振り三振。7回2失点も打線の援護に恵まれず勝ち負けはつかなかったが、「結果として(チームは)負けてしまったし、もう少ししっかりした投球をしないといけなかった」と語った。

 実は前田、キャンプ終盤から短期間で縦スラを手の内に入れたという。その理由をライバル球団のスコアラーがこう「解説」する。

「マエケンは昨年、スプリットの習得に失敗。縦に落ちる変化球がない。チェンジアップはいわゆるサークルチェンジで、シュート気味に落ちる。この日は得意の横スラよりも縦スラが多かった。右打者の外角に加え、左打者の内角にも何球か投じていた。たまに制球が甘くなる時はあるが、今後はさらに磨きがかかってくるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る