勝ち負けつかずも…広島マエケン「メジャー準備」抜かりなし

公開日:  更新日:

 満員御礼。スタンドが真っ赤に染まったマツダスタジアムで開幕投手の大役を任された前田健太(26)は、新球の落ちるスライダー(縦スラ)を効果的に使った。三回には2死一、二塁のピンチで、畠山に対して外の縦スラを意識させ、内角速球で空振り三振。7回2失点も打線の援護に恵まれず勝ち負けはつかなかったが、「結果として(チームは)負けてしまったし、もう少ししっかりした投球をしないといけなかった」と語った。

 実は前田、キャンプ終盤から短期間で縦スラを手の内に入れたという。その理由をライバル球団のスコアラーがこう「解説」する。

「マエケンは昨年、スプリットの習得に失敗。縦に落ちる変化球がない。チェンジアップはいわゆるサークルチェンジで、シュート気味に落ちる。この日は得意の横スラよりも縦スラが多かった。右打者の外角に加え、左打者の内角にも何球か投じていた。たまに制球が甘くなる時はあるが、今後はさらに磨きがかかってくるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る