• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

勝ち負けつかずも…広島マエケン「メジャー準備」抜かりなし

 満員御礼。スタンドが真っ赤に染まったマツダスタジアムで開幕投手の大役を任された前田健太(26)は、新球の落ちるスライダー(縦スラ)を効果的に使った。三回には2死一、二塁のピンチで、畠山に対して外の縦スラを意識させ、内角速球で空振り三振。7回2失点も打線の援護に恵まれず勝ち負けはつかなかったが、「結果として(チームは)負けてしまったし、もう少ししっかりした投球をしないといけなかった」と語った。

 実は前田、キャンプ終盤から短期間で縦スラを手の内に入れたという。その理由をライバル球団のスコアラーがこう「解説」する。

「マエケンは昨年、スプリットの習得に失敗。縦に落ちる変化球がない。チェンジアップはいわゆるサークルチェンジで、シュート気味に落ちる。この日は得意の横スラよりも縦スラが多かった。右打者の外角に加え、左打者の内角にも何球か投じていた。たまに制球が甘くなる時はあるが、今後はさらに磨きがかかってくるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る