DeNAに惜敗も 広島「赤ヘル打線」は黒田の“呪縛”解けた

公開日: 更新日:

「そりゃもう、みんなガチガチでしたよ。点を取らなきゃ、しっかり守らなきゃって、正直、あんなに緊張したことはなかったですね」

 31日のDeNA戦前、広島の選手がこう言っていた。メジャー帰りの黒田の復帰初先発となった29日のヤクルト戦を振り返っての話だ。

「ファン、マスコミの異常な注目の中で黒田さんをいきなり負け投手にするわけにはいかないと、試合終了までベンチも選手もホント異様な雰囲気だった。開幕カードの得点は2点、1点、2点? そりゃ、点は入りませんって。あれだけ緊張してたら。でも、なんとか黒田さんに白星をつけることができて、もう、呪縛は解けましたよ」

 その言葉通り、オープン戦から眠り続けていたカープ打線がこの日、火を噴いた。先発の大瀬良が三回までに7点を奪われながら、横浜投手陣から17安打の6得点。追い上げむなしく1点差で敗れたものの、黒田の呪縛が解けた赤ヘル打線は怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  7. 7

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  8. 8

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  9. 9

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る