• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNAに惜敗も 広島「赤ヘル打線」は黒田の“呪縛”解けた

「そりゃもう、みんなガチガチでしたよ。点を取らなきゃ、しっかり守らなきゃって、正直、あんなに緊張したことはなかったですね」

 31日のDeNA戦前、広島の選手がこう言っていた。メジャー帰りの黒田の復帰初先発となった29日のヤクルト戦を振り返っての話だ。

「ファン、マスコミの異常な注目の中で黒田さんをいきなり負け投手にするわけにはいかないと、試合終了までベンチも選手もホント異様な雰囲気だった。開幕カードの得点は2点、1点、2点? そりゃ、点は入りませんって。あれだけ緊張してたら。でも、なんとか黒田さんに白星をつけることができて、もう、呪縛は解けましたよ」

 その言葉通り、オープン戦から眠り続けていたカープ打線がこの日、火を噴いた。先発の大瀬良が三回までに7点を奪われながら、横浜投手陣から17安打の6得点。追い上げむなしく1点差で敗れたものの、黒田の呪縛が解けた赤ヘル打線は怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る