DeNAに惜敗も 広島「赤ヘル打線」は黒田の“呪縛”解けた

公開日:  更新日:

「そりゃもう、みんなガチガチでしたよ。点を取らなきゃ、しっかり守らなきゃって、正直、あんなに緊張したことはなかったですね」

 31日のDeNA戦前、広島の選手がこう言っていた。メジャー帰りの黒田の復帰初先発となった29日のヤクルト戦を振り返っての話だ。

「ファン、マスコミの異常な注目の中で黒田さんをいきなり負け投手にするわけにはいかないと、試合終了までベンチも選手もホント異様な雰囲気だった。開幕カードの得点は2点、1点、2点? そりゃ、点は入りませんって。あれだけ緊張してたら。でも、なんとか黒田さんに白星をつけることができて、もう、呪縛は解けましたよ」

 その言葉通り、オープン戦から眠り続けていたカープ打線がこの日、火を噴いた。先発の大瀬良が三回までに7点を奪われながら、横浜投手陣から17安打の6得点。追い上げむなしく1点差で敗れたものの、黒田の呪縛が解けた赤ヘル打線は怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る