• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

常総学院佐々木監督が明かす木内前監督の「近況」と「影響力」

 常総学院(茨城)は春夏通じて優勝2回、準優勝2回。同校を全国有数の野球名門校に育てた人と言えば、木内幸男前監督(83=現常総学院副理事長)だ。

 11年にがんを患っていることを告白して監督を勇退したものの、いまは何をしているのか。名物監督がいなくなって選手集めに影響はないか。取手二時代の教え子で、11年から指揮を執る佐々木力監督(48)に聞いた。

「今も時間があれば練習を見たりしていますよ。3月の沖縄キャンプでも、茨城残留組の面倒を見てもらいました。選手らを教室に集め、黒板を使ってディレードスチールや重盗の講義をしてくれたのです」

 マスコミに極力、露出しなくなったのは本人の意思のようだ。

「野球の指導をやろうと思えば、まだまだ元気にやれると思います。でも、『あまり私が出しゃばると、マスコミが私のところばかりに来てしまう』と話していました。だから極力、報道陣がいるところには顔を出さないようにしているようです。確かに木内さんが歩いているだけで、記者さんたちはそちらに行ってしまいますから(苦笑い)。03年の夏に優勝した時も、そう。当時のエースだった松林(現在は常総学院コーチ)も『僕らに話を聞きに来てくれない』と嘆いていましたから(苦笑い)。だから今は基本的にチームと別行動。泊まるホテルも違うし、甲子園に来るのも試合当日です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る