常総学院佐々木監督が明かす木内前監督の「近況」と「影響力」

公開日: 更新日:

 常総学院(茨城)は春夏通じて優勝2回、準優勝2回。同校を全国有数の野球名門校に育てた人と言えば、木内幸男前監督(83=現常総学院副理事長)だ。

 11年にがんを患っていることを告白して監督を勇退したものの、いまは何をしているのか。名物監督がいなくなって選手集めに影響はないか。取手二時代の教え子で、11年から指揮を執る佐々木力監督(48)に聞いた。

「今も時間があれば練習を見たりしていますよ。3月の沖縄キャンプでも、茨城残留組の面倒を見てもらいました。選手らを教室に集め、黒板を使ってディレードスチールや重盗の講義をしてくれたのです」

 マスコミに極力、露出しなくなったのは本人の意思のようだ。

「野球の指導をやろうと思えば、まだまだ元気にやれると思います。でも、『あまり私が出しゃばると、マスコミが私のところばかりに来てしまう』と話していました。だから極力、報道陣がいるところには顔を出さないようにしているようです。確かに木内さんが歩いているだけで、記者さんたちはそちらに行ってしまいますから(苦笑い)。03年の夏に優勝した時も、そう。当時のエースだった松林(現在は常総学院コーチ)も『僕らに話を聞きに来てくれない』と嘆いていましたから(苦笑い)。だから今は基本的にチームと別行動。泊まるホテルも違うし、甲子園に来るのも試合当日です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  7. 7

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る