常総学院佐々木監督が明かす木内前監督の「近況」と「影響力」

公開日:  更新日:

 常総学院(茨城)は春夏通じて優勝2回、準優勝2回。同校を全国有数の野球名門校に育てた人と言えば、木内幸男前監督(83=現常総学院副理事長)だ。

 11年にがんを患っていることを告白して監督を勇退したものの、いまは何をしているのか。名物監督がいなくなって選手集めに影響はないか。取手二時代の教え子で、11年から指揮を執る佐々木力監督(48)に聞いた。

「今も時間があれば練習を見たりしていますよ。3月の沖縄キャンプでも、茨城残留組の面倒を見てもらいました。選手らを教室に集め、黒板を使ってディレードスチールや重盗の講義をしてくれたのです」

 マスコミに極力、露出しなくなったのは本人の意思のようだ。

「野球の指導をやろうと思えば、まだまだ元気にやれると思います。でも、『あまり私が出しゃばると、マスコミが私のところばかりに来てしまう』と話していました。だから極力、報道陣がいるところには顔を出さないようにしているようです。確かに木内さんが歩いているだけで、記者さんたちはそちらに行ってしまいますから(苦笑い)。03年の夏に優勝した時も、そう。当時のエースだった松林(現在は常総学院コーチ)も『僕らに話を聞きに来てくれない』と嘆いていましたから(苦笑い)。だから今は基本的にチームと別行動。泊まるホテルも違うし、甲子園に来るのも試合当日です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る