常総学院佐々木監督が明かす木内前監督の「近況」と「影響力」

公開日:  更新日:

 常総学院(茨城)は春夏通じて優勝2回、準優勝2回。同校を全国有数の野球名門校に育てた人と言えば、木内幸男前監督(83=現常総学院副理事長)だ。

 11年にがんを患っていることを告白して監督を勇退したものの、いまは何をしているのか。名物監督がいなくなって選手集めに影響はないか。取手二時代の教え子で、11年から指揮を執る佐々木力監督(48)に聞いた。

「今も時間があれば練習を見たりしていますよ。3月の沖縄キャンプでも、茨城残留組の面倒を見てもらいました。選手らを教室に集め、黒板を使ってディレードスチールや重盗の講義をしてくれたのです」

 マスコミに極力、露出しなくなったのは本人の意思のようだ。

「野球の指導をやろうと思えば、まだまだ元気にやれると思います。でも、『あまり私が出しゃばると、マスコミが私のところばかりに来てしまう』と話していました。だから極力、報道陣がいるところには顔を出さないようにしているようです。確かに木内さんが歩いているだけで、記者さんたちはそちらに行ってしまいますから(苦笑い)。03年の夏に優勝した時も、そう。当時のエースだった松林(現在は常総学院コーチ)も『僕らに話を聞きに来てくれない』と嘆いていましたから(苦笑い)。だから今は基本的にチームと別行動。泊まるホテルも違うし、甲子園に来るのも試合当日です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る