学者が分析 プロ野球「ファイナルS」なぜ盛り上がらない?

公開日:  更新日:

「セとパ、チャンネルを交互に変えて見てましたけど、どちらも地味で盛り上がりに欠ける印象でしたね」

 こう言うのは、プロ野球ファンで近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科准教授(スポーツビジネス)の黒田次郎氏だ。「日本プロ野球球団における成績・選手賃金(推定年俸)・観客数の関係について」との論文を執筆している。

 プロ野球は15日からセ、パともにCSファイナルステージ。頂点を決める日本シリーズに駒を進めるリーグチャンピオンを決める試合だというのに、黒田氏にはいまひとつ物足りなく映ったようなのだ。

 そもそも今回のCSはファーストステージからして貧打戦が目立った。セは阪神が2日で1点しか取れなかったにもかかわらず、規定により1勝1分けでファイナルステージへ。パにしても延長決着だった3戦目は、日本ハム、オリックス合わせて計16安打が飛び交いながら計3得点止まり。試合を決めたのは中田のひと振りだったものの、そろって拙攻の連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る