• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

学者が分析 プロ野球「ファイナルS」なぜ盛り上がらない?

「セとパ、チャンネルを交互に変えて見てましたけど、どちらも地味で盛り上がりに欠ける印象でしたね」

 こう言うのは、プロ野球ファンで近畿大学産業理工学部経営ビジネス学科准教授(スポーツビジネス)の黒田次郎氏だ。「日本プロ野球球団における成績・選手賃金(推定年俸)・観客数の関係について」との論文を執筆している。

 プロ野球は15日からセ、パともにCSファイナルステージ。頂点を決める日本シリーズに駒を進めるリーグチャンピオンを決める試合だというのに、黒田氏にはいまひとつ物足りなく映ったようなのだ。

 そもそも今回のCSはファーストステージからして貧打戦が目立った。セは阪神が2日で1点しか取れなかったにもかかわらず、規定により1勝1分けでファイナルステージへ。パにしても延長決着だった3戦目は、日本ハム、オリックス合わせて計16安打が飛び交いながら計3得点止まり。試合を決めたのは中田のひと振りだったものの、そろって拙攻の連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る