3年ぶり8強 錦織圭の「英語スピーチ」が現地ファンに話題

公開日: 更新日:

 ダビド・フェレール(スペイン)にストレート勝ちし、3年ぶりに8強入りを決めた全豪テニス錦織圭(25=世界ランク5位)。勝利を手にした後の流暢なウイナーズスピーチが現地ファンの間で話題になっている。インタビュアーの質問に対して受け答えが早く、欧米のテニス記者からも「ケイはリスニングが素晴らしい」と評判だ。

 錦織は「世界のトッププレーヤーになりたい」と、14歳で単身渡米した当時は英語が話せなかった。門をたたいた米・フロリダにあるIMGアカデミーの寮は4人部屋。同期生に日本人はいてもルームメートは皆外国人。相手の言っていることはわからないし、自分が思っていることも伝えられない。そのもどかしさに苦しんだという。

 アカデミーでは、英会話の他に記者会見の質疑応答を含めたメディアトレーニングも学び、「英語力」をメキメキ上げていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  8. 8

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  9. 9

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る