日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年ぶり8強 錦織圭の「英語スピーチ」が現地ファンに話題

 ダビド・フェレール(スペイン)にストレート勝ちし、3年ぶりに8強入りを決めた全豪テニスの錦織圭(25=世界ランク5位)。勝利を手にした後の流暢なウイナーズスピーチが現地ファンの間で話題になっている。インタビュアーの質問に対して受け答えが早く、欧米のテニス記者からも「ケイはリスニングが素晴らしい」と評判だ。

 錦織は「世界のトッププレーヤーになりたい」と、14歳で単身渡米した当時は英語が話せなかった。門をたたいた米・フロリダにあるIMGアカデミーの寮は4人部屋。同期生に日本人はいてもルームメートは皆外国人。相手の言っていることはわからないし、自分が思っていることも伝えられない。そのもどかしさに苦しんだという。

 アカデミーでは、英会話の他に記者会見の質疑応答を含めたメディアトレーニングも学び、「英語力」をメキメキ上げていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事