• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

内村航平「大技」導入の大バクチで世界体操と五輪の連覇狙う

「世界の選手を見ても(難度を)上げてきているし、日本の選手もそう。もっと完成度を上げないと……」

 ロンドン五輪男子体操個人総合金メダルの内村航平(26)が珍しく弱音を吐いた。

 23日は世界選手権(11月、英国・グラスゴー)の選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習で約2時間の調整。

 内村は全日本選手権8連覇がかかっている。すでに世界選手権代表が内定しているだけに、世界選手権での6連覇と来年のリオ五輪での連覇を目指して今回は演技構成を変更。中でも跳馬は最高F難度の「リ・シャオペン」を取り入れて高得点を狙うという。

 この「リ・シャオペン」は世界でも数人しか成功しておらず、内村が決めれば日本人では初めてとなる。バック転をしながらロイター板(踏み切り板)を蹴って、ひねりながら跳馬に手を付くため、バランスを崩しやすい。不自然な体勢で手を付くだけに、肘や肩への負担が大きい技でもある。難度の高さに加えて故障のリスクが高いだけに、世界のトップクラスの選手でさえ敬遠する。

 個人総合の王者もすでに26歳。男子のピークといわれる25歳を過ぎた年齢で高難度技の導入は、危険と隣り合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る