内村航平「大技」導入の大バクチで世界体操と五輪の連覇狙う

公開日: 更新日:

「世界の選手を見ても(難度を)上げてきているし、日本の選手もそう。もっと完成度を上げないと……」

 ロンドン五輪男子体操個人総合金メダルの内村航平(26)が珍しく弱音を吐いた。

 23日は世界選手権(11月、英国・グラスゴー)の選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習で約2時間の調整。

 内村は全日本選手権8連覇がかかっている。すでに世界選手権代表が内定しているだけに、世界選手権での6連覇と来年のリオ五輪での連覇を目指して今回は演技構成を変更。中でも跳馬は最高F難度の「リ・シャオペン」を取り入れて高得点を狙うという。

 この「リ・シャオペン」は世界でも数人しか成功しておらず、内村が決めれば日本人では初めてとなる。バック転をしながらロイター板(踏み切り板)を蹴って、ひねりながら跳馬に手を付くため、バランスを崩しやすい。不自然な体勢で手を付くだけに、肘や肩への負担が大きい技でもある。難度の高さに加えて故障のリスクが高いだけに、世界のトップクラスの選手でさえ敬遠する。

 個人総合の王者もすでに26歳。男子のピークといわれる25歳を過ぎた年齢で高難度技の導入は、危険と隣り合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る