内村航平「大技」導入の大バクチで世界体操と五輪の連覇狙う

公開日:  更新日:

「世界の選手を見ても(難度を)上げてきているし、日本の選手もそう。もっと完成度を上げないと……」

 ロンドン五輪男子体操個人総合金メダルの内村航平(26)が珍しく弱音を吐いた。

 23日は世界選手権(11月、英国・グラスゴー)の選考会を兼ねた全日本選手権の公式練習で約2時間の調整。

 内村は全日本選手権8連覇がかかっている。すでに世界選手権代表が内定しているだけに、世界選手権での6連覇と来年のリオ五輪での連覇を目指して今回は演技構成を変更。中でも跳馬は最高F難度の「リ・シャオペン」を取り入れて高得点を狙うという。

 この「リ・シャオペン」は世界でも数人しか成功しておらず、内村が決めれば日本人では初めてとなる。バック転をしながらロイター板(踏み切り板)を蹴って、ひねりながら跳馬に手を付くため、バランスを崩しやすい。不自然な体勢で手を付くだけに、肘や肩への負担が大きい技でもある。難度の高さに加えて故障のリスクが高いだけに、世界のトップクラスの選手でさえ敬遠する。

 個人総合の王者もすでに26歳。男子のピークといわれる25歳を過ぎた年齢で高難度技の導入は、危険と隣り合わせだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る