世界体操初個人5連覇も…内村にはなぜ「ウチムラ」がない?

公開日:  更新日:

 世界に本当の「体操競技」を見せてくれた。体操の世界選手権(中国・南寧)は9日に男子個人総合決勝を行い、予選をトップで通過した内村航平(25)が91.965点をマークして優勝、前人未到の5連覇を達成した。田中佑典(24)は3位に入った。

 これで内村の世界選手権でのメダル獲得数は団体、種目別と合わせて15個目。70年ユーゴスラビア(現スロベニア)・リュブリャナ大会個人総合で日本人初優勝の監物永三に並んだ。

 今大会は、4連覇した昨年のベルギー・アントワープ大会よりも技の難易度を示すDスコアを1点以上高めた演技構成で臨んだ。6種目すべてで高難度の技を繰り出したが、それにしても不可解なのは、いまだに「ウチムラ」の名前が付いた技がないことだ。

 昨年の大会では高校生の白井健三(18)が床運動と跳馬で新技を披露し、それぞれ「シライ」と命名された。田中佑典も今回、つり輪で新技の「タナカ」を見せた。内村に新技がないのはなぜか。考えられる理由は2つある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る