• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界体操は新技続々も…白井が「シライ」4個目狙わない理由

 体操の世界選手権は11、12日に種目別の決勝が行われる。男子体操のひねり王子こと白井健三(18)が11日の床、12日の跳馬の2種目に出場するが、無難な演技でまとめるつもりだからだ。

 昨年のベルギー・アントワープ大会で床(2個)と跳馬(1個)で新技を披露し、それぞれの技に「シライ」の名が付いた。この2種目のスペシャリストである白井は今季も新技の習得に励み、実戦で披露できるまでにマスターしたが、今大会の実施は見送るという。

 今回の男子日本代表は団体での優勝を目指し、内村航平を筆頭に各選手とも安定性を重視。高得点を得られてもリスクのある大技は封印した。得点はそこそこでも、完成度が高い技を選択して臨んだためだ。

■新技認定基準が大幅緩和

 実は今大会はネーミングを得る絶好の機会だった。国際体操連盟(FIG)の技術委員長は、これまで長らく欧州の独壇場だったが、今年から米国人のスティーブ・ブッチャー氏が務めている。ブッチャー技術委員長は米国人らしくエンターテインメント性を重視し、注目度を高める狙いもあって、従来は厳しかった新技認定の基準を大幅に緩和。体操関係者によれば、「跳馬なら最初の手のつき方を変えたり、床であれば回転が半分でも新技として認められるようになった」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る