世界体操は新技続々も…白井が「シライ」4個目狙わない理由

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権は11、12日に種目別の決勝が行われる。男子体操のひねり王子こと白井健三(18)が11日の床、12日の跳馬の2種目に出場するが、無難な演技でまとめるつもりだからだ。

 昨年のベルギー・アントワープ大会で床(2個)と跳馬(1個)で新技を披露し、それぞれの技に「シライ」の名が付いた。この2種目のスペシャリストである白井は今季も新技の習得に励み、実戦で披露できるまでにマスターしたが、今大会の実施は見送るという。

 今回の男子日本代表は団体での優勝を目指し、内村航平を筆頭に各選手とも安定性を重視。高得点を得られてもリスクのある大技は封印した。得点はそこそこでも、完成度が高い技を選択して臨んだためだ。

■新技認定基準が大幅緩和

 実は今大会はネーミングを得る絶好の機会だった。国際体操連盟(FIG)の技術委員長は、これまで長らく欧州の独壇場だったが、今年から米国人のスティーブ・ブッチャー氏が務めている。ブッチャー技術委員長は米国人らしくエンターテインメント性を重視し、注目度を高める狙いもあって、従来は厳しかった新技認定の基準を大幅に緩和。体操関係者によれば、「跳馬なら最初の手のつき方を変えたり、床であれば回転が半分でも新技として認められるようになった」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  9. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 9

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  11. 10

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

もっと見る