世界体操は新技続々も…白井が「シライ」4個目狙わない理由

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権は11、12日に種目別の決勝が行われる。男子体操のひねり王子こと白井健三(18)が11日の床、12日の跳馬の2種目に出場するが、無難な演技でまとめるつもりだからだ。

 昨年のベルギー・アントワープ大会で床(2個)と跳馬(1個)で新技を披露し、それぞれの技に「シライ」の名が付いた。この2種目のスペシャリストである白井は今季も新技の習得に励み、実戦で披露できるまでにマスターしたが、今大会の実施は見送るという。

 今回の男子日本代表は団体での優勝を目指し、内村航平を筆頭に各選手とも安定性を重視。高得点を得られてもリスクのある大技は封印した。得点はそこそこでも、完成度が高い技を選択して臨んだためだ。

■新技認定基準が大幅緩和

 実は今大会はネーミングを得る絶好の機会だった。国際体操連盟(FIG)の技術委員長は、これまで長らく欧州の独壇場だったが、今年から米国人のスティーブ・ブッチャー氏が務めている。ブッチャー技術委員長は米国人らしくエンターテインメント性を重視し、注目度を高める狙いもあって、従来は厳しかった新技認定の基準を大幅に緩和。体操関係者によれば、「跳馬なら最初の手のつき方を変えたり、床であれば回転が半分でも新技として認められるようになった」そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  2. 2

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  3. 3

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  4. 4

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  7. 7

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  8. 8

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る