世界卓球銅決めた吉村・石川組は北朝鮮に丸裸にされている

公開日:  更新日:

 とりあえずメダルは手にしたものの、やはり頂点は厳しいか。

 世界卓球(中国・蘇州)の混合ダブルス準々決勝で吉村真晴、石川佳純組が北朝鮮組に4-2で勝利。今大会は3位決定戦がないため銅メダル以上が確定した。日本勢の同種目のメダルは11年銅の岸川聖也、福原愛組以来となる2大会ぶりだ。

 石川は「初のメダルなので本当にうれしい。次は(前回大会の)チャンピオンチームなので思い切ってぶつかっていきたい」と語れば、ぺアを組む吉村は「メダルを狙っていたが、実際に取ってみると、ここまできたかという気持ち。戦術の転換がうまくでき、やらないといけないプレーができた」と言った。

 日本組の準決勝の相手は、前回大会金メダルの北朝鮮ペア(キム・ヒョクボン、キム・ジョン)。相手は日本選手を徹底研究しているが、日本には相手選手の情報が少ないのが難点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る