実力、人気とも福原愛超え 石川佳純が中国でモテモテ

公開日: 更新日:

 日本女子(B組)は、1日のオーストラリア戦にエースの石川佳純(21)を温存しながら完勝。1次リーグを5戦全勝で準々決勝へ駒を進めた。最大の敵である中国(A組1位)とは頂上決戦まで顔を合わせないが、その中国では日本との金メダル争いを望む声が多いそうだ。

 ファンのお目当ては、やはり石川だ。中国では、国内スーパーリーグに参戦し、中国語もペラペラの福原愛(25)の人気が高い。それがロンドン五輪シングルス準決勝と団体決勝で中国選手に敗れた石川のプレーを見て、男性ファンが急増したのだ。

 昨年3月、中国・広州で行われた団体戦のワールドチームクラシックで石川が流暢(りゅうちょう)な中国語でインタビューに答えたことも話題になり、さらにファンが増えたという。現地記者が、人気の理由をこう説明する。

「中国に来るアスリートは、謝謝(ありがとう)、不客気(どういたしまして)という簡単な挨拶ぐらいしか中国語が話せない。福原愛は中国のリーグに所属していたし、小学生の頃から中国語を勉強していたそうだから納得だが、石川は中国に長期滞在したわけでもないのに発音がいいから不思議です。男性ファンが多い点については、彼女は色白で華奢(きゃしゃ)な体(157センチ、49キロ)でしょ。昨年の広州大会のインタビューで見せたはにかんだ笑顔や男性に従ってくれそうな外見は中国男性の心をくすぐるのです。中国は競争社会で気の強い女性が多い。こうと思ったらとことん自己主張する。卓球選手も例外ではなく、体も大きいですから(笑い)」

 中国男性にも、草食系が増えたということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  3. 3

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  4. 4

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  5. 5

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  6. 6

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  7. 7

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  8. 8

    コロナ廃業危機が囁かれる大物俳優…緊急事態宣言がトドメ

  9. 9

    志村けんが突き詰めた“下ネタ”の清々しさ…PTAを黙らせた

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る