世界卓球でメダル狙う 石川佳純が語った驚異の「肉体改造」

公開日:  更新日:

「持っている力を全て出し切り、シングルス、ダブルスともメダルを取りたい」――。

 卓球の世界選手権(26日開幕)に出場する日本代表選手団が24日、開催地の中国・蘇州に向け出発。搭乗を前に取材に応じた女子世界ランク5位の石川佳純(22)が、こう言って単複でのメダル獲得を誓った。

 今回は日本女子トップの第5シードにエントリーされ、シングルスでは準々決勝まで強豪の中国勢との対戦はない。日本のエースとして大会に臨むだけに「練習は十分にしてきた。一戦一戦、大事に戦えば結果はついてくる」と手応えを口にした。

 個人で初の表彰台を狙う石川を支えるのは強靱な下半身だ。一昨年の10月から肉体改造に取り組み、中でも足腰を重点的に強化してきた。

 トレーニング開始当初はバーベルを使ったスクワットで10キロを持ち上げるのがやっとだったが、最近では40キロの負荷にも耐えられるようになったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  8. 8

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る