日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

世界卓球でメダル狙う 石川佳純が語った驚異の「肉体改造」

「持っている力を全て出し切り、シングルス、ダブルスともメダルを取りたい」――。

 卓球の世界選手権(26日開幕)に出場する日本代表選手団が24日、開催地の中国・蘇州に向け出発。搭乗を前に取材に応じた女子世界ランク5位の石川佳純(22)が、こう言って単複でのメダル獲得を誓った。

 今回は日本女子トップの第5シードにエントリーされ、シングルスでは準々決勝まで強豪の中国勢との対戦はない。日本のエースとして大会に臨むだけに「練習は十分にしてきた。一戦一戦、大事に戦えば結果はついてくる」と手応えを口にした。

 個人で初の表彰台を狙う石川を支えるのは強靱な下半身だ。一昨年の10月から肉体改造に取り組み、中でも足腰を重点的に強化してきた。

 トレーニング開始当初はバーベルを使ったスクワットで10キロを持ち上げるのがやっとだったが、最近では40キロの負荷にも耐えられるようになったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事