エース涌井5勝目も ロッテフロントが手放しで喜べない理由

公開日:  更新日:

 ロッテ涌井の勢いが止まらない。

 13日のソフトバンク戦で今季8試合目の先発マウンドに上がると、7回6安打2失点。リーグトップタイの5勝目を挙げた。

「チームが連勝中だったので流れを止めずにと思っていた。(5勝は)リーグトップ? まだ5月なんで。シーズンが終わった時に1番(の勝利数)になりたい」(涌井)

 ここ3試合は3連勝。このペースなら10年を最後に遠ざかっているシーズン2ケタ勝利どころか、最多勝(17勝)に輝いた07年に匹敵する勝ち星を挙げる可能性すらある。そんなエースの完全復活に首脳陣はニンマリだが、手放しで喜べないのがフロント陣だ。

 14年にFAでロッテ入りした涌井は今季が2年契約の2年目。このまま勝ち星を積み上げれば、オフの年俸高騰は必至で、仮に15勝以上すれば、球団は14年に結んだ2年総額4億4000万円以上の契約を余儀なくされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る