かつて「高卒ビッグ3」 ロッテ唐川が敷かされる“背水の陣”

公開日:  更新日:

 ロッテの唐川(25)が5日のオープン戦(対DeNA)に先発し、初実戦のマウンドを踏んだ。今季はエースの成瀬がヤクルトに移籍。ただでさえ頭数に不安のあった先発陣がさらに手薄になっただけに、首脳陣も唐川の奮起に期待していた。が、結果は3回6安打2四死球、3失点。本人も「(採点は)今日は0点です」と肩を落とした。

 かつては同じ07年高校生ドラフト1位の中田翔(日本ハム)、佐藤由規(ヤクルト)と共に「高卒ビッグ3」と称された。11年はキャリアハイの12勝6敗と活躍するも、その後はケガの影響もあって、思うような結果を残せず。そうこうしている間に中田は日本代表の4番へと成長。由規も今年は右肩痛から復活して先発ローテ入りを狙っている。

 もはや往時の面影のない唐川。今季は背水の陣だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る