• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初登板初先発でKOも…ロッテ田中英の成長阻む“過剰な同情”

「球場入りの直後から、ガッチガチでしたよ。ロッカールームでもずっと目が泳いでいる感じで、盛んに体を揺らしたり、何度も手を振ったり、とにかく落ち着きがなかった。見ていて気の毒になるほどでした」

 ある選手の証言だ。29日の西武戦でロッテのドラフト2位新人の田中英祐(23)がプロ初登板初先発。プロ野球界初の京都大学出身選手として大きな注目を集める“異色のルーキー”はしかし、結果的に何もできずにマウンドを降りることになった。

 初回の先頭打者からストライクが入らず2連続四球。3番の浅村、4番の中村に連続適時打を浴び、1死後には、高卒2年目の森に2点二塁打を打たれていきなり4点を失った。三回にも3連打で1点を失った田中は3回6安打5失点でKO。「せっかくチャンスをいただいたのに、チームに迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」と肩を落とし、頭を下げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る