初登板初先発でKOも…ロッテ田中英の成長阻む“過剰な同情”

公開日:  更新日:

「球場入りの直後から、ガッチガチでしたよ。ロッカールームでもずっと目が泳いでいる感じで、盛んに体を揺らしたり、何度も手を振ったり、とにかく落ち着きがなかった。見ていて気の毒になるほどでした」

 ある選手の証言だ。29日の西武戦でロッテのドラフト2位新人の田中英祐(23)がプロ初登板初先発。プロ野球界初の京都大学出身選手として大きな注目を集める“異色のルーキー”はしかし、結果的に何もできずにマウンドを降りることになった。

 初回の先頭打者からストライクが入らず2連続四球。3番の浅村、4番の中村に連続適時打を浴び、1死後には、高卒2年目の森に2点二塁打を打たれていきなり4点を失った。三回にも3連打で1点を失った田中は3回6安打5失点でKO。「せっかくチャンスをいただいたのに、チームに迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」と肩を落とし、頭を下げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る