• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初登板初先発でKOも…ロッテ田中英の成長阻む“過剰な同情”

「球場入りの直後から、ガッチガチでしたよ。ロッカールームでもずっと目が泳いでいる感じで、盛んに体を揺らしたり、何度も手を振ったり、とにかく落ち着きがなかった。見ていて気の毒になるほどでした」

 ある選手の証言だ。29日の西武戦でロッテのドラフト2位新人の田中英祐(23)がプロ初登板初先発。プロ野球界初の京都大学出身選手として大きな注目を集める“異色のルーキー”はしかし、結果的に何もできずにマウンドを降りることになった。

 初回の先頭打者からストライクが入らず2連続四球。3番の浅村、4番の中村に連続適時打を浴び、1死後には、高卒2年目の森に2点二塁打を打たれていきなり4点を失った。三回にも3連打で1点を失った田中は3回6安打5失点でKO。「せっかくチャンスをいただいたのに、チームに迷惑をかけてしまった。申し訳ないです」と肩を落とし、頭を下げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る