先頭打者弾にも淡々 ロッテ首脳陣が評価する中村の「謙虚さ」

公開日:  更新日:

「謙虚で主役になろうと前に出ることもない。プロでは珍しいですよ」

 ロッテのある選手がこう評するのがドラフト1位ルーキー・中村奨吾(22=早大)のことだ。30日の西武戦。プロ入り後初めて「1番」でスタメン出場すると、プロ1号となる先頭打者本塁打。この一発が利いて、チームは3-2で西武を振り切った。

「ホームラン後の3打席が三振。もっと練習します」

 試合後のコメントは確かに謙虚。周囲の注目がドラフト2位の田中英祐(23=京大)ばかりに集中しても、「僕は目立つタイプでもないし、大学時代(早大)も有原(日本ハム)が注目されていたので。英祐(田中)を取材した方がチームとしても盛り上がりますからね」と淡々と話す。

 誰に言われるでもなく、本職の二塁以外に三塁、遊撃、代走要員のための走塁練習を自らすすんでこなす姿は、首脳陣を感心させることしきりである。試合後の伊東監督は「(プロ1号は)風に乗ったがホームランに変わりはないですから。今のチームに足りない積極的な姿勢で(チームに)勢いをつけてくれた」と絶賛。地味で謙虚な男に派手なスポットライトが当たりだすのも時間の問題かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る