先頭打者弾にも淡々 ロッテ首脳陣が評価する中村の「謙虚さ」

公開日:  更新日:

「謙虚で主役になろうと前に出ることもない。プロでは珍しいですよ」

 ロッテのある選手がこう評するのがドラフト1位ルーキー・中村奨吾(22=早大)のことだ。30日の西武戦。プロ入り後初めて「1番」でスタメン出場すると、プロ1号となる先頭打者本塁打。この一発が利いて、チームは3-2で西武を振り切った。

「ホームラン後の3打席が三振。もっと練習します」

 試合後のコメントは確かに謙虚。周囲の注目がドラフト2位の田中英祐(23=京大)ばかりに集中しても、「僕は目立つタイプでもないし、大学時代(早大)も有原(日本ハム)が注目されていたので。英祐(田中)を取材した方がチームとしても盛り上がりますからね」と淡々と話す。

 誰に言われるでもなく、本職の二塁以外に三塁、遊撃、代走要員のための走塁練習を自らすすんでこなす姿は、首脳陣を感心させることしきりである。試合後の伊東監督は「(プロ1号は)風に乗ったがホームランに変わりはないですから。今のチームに足りない積極的な姿勢で(チームに)勢いをつけてくれた」と絶賛。地味で謙虚な男に派手なスポットライトが当たりだすのも時間の問題かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る