京大・田中英いぬ間に殊勲 ロッテドラ1中村の“インパクト”

公開日: 更新日:

 ロッテのドラ1・中村奨吾(22)が“ライバル”のいない間に結果を残した。

 2日の中日戦に「9番・二塁」でスタメン出場して2安打2打点。ここまでのオープン戦3試合ではヒットが出ていなかっただけに、「まだまだこれから。もっと(首脳陣に)アピールしていかないと」と気を引き締めながらも、その顔には満面の笑みが浮かんでいた。

 ロッテの今年の注目はキャンプ中からドラフト2位の京大卒・田中英祐(22)に集中。中村は1位にもかかわらず、何をしても大きく扱われることはなかった。

 それでも、実力は「折り紙付き」。他球団スコアラーに言わせると「(遊撃の)鈴木と中村がいれば、ロッテの二遊間は今後10年は安泰」だそうで、本人も虎視眈々とアピールするチャンスをうかがっていた。

 くしくも田中は卒論発表のため、チーム本体から離脱中。再合流は7日が予定されている。その最中の活躍だけにインパクトはあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  5. 5

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  6. 6

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る