酒制限、夜遊び自粛…ロッテ涌井2敗目でも信用できる根拠

公開日: 更新日:

 ロッテ涌井秀章(28)が好投を続けている。開幕戦のソフトバンク戦と4日の楽天戦で連勝。11日の西武戦は黒星も7回2安打2失点。中5日で登板した17日のソフトバンク戦も負けはしたが7回3失点とゲームはつくった。それでも「先頭打者を切ることができず、しかも四球で出した走者を点に結びつけてしまった。申し訳ないです」と反省した。

 ここ3年は2ケタ勝利がなく、西武からFAでロッテに移籍した昨季も8勝12敗、防御率4.21。周囲の期待を裏切り続けた。それが今季は全盛期を彷彿させる雰囲気を漂わせている。

 捕手の田村も「ストレートの威力が強い。投げ始めからミットまで球威が落ちませんから」と言う。チーム関係者によれば、「変化の要因は節制」という。

 涌井といえば酒好きで有名。昨年まではシーズン中でも、ひとりでワインを数本あけることも珍しくなかった。今年は酒量を制限。「夜遊びも控え、食事や登板前日の過ごし方などにも気を使うようになった。これで試合中のスタミナ切れがなくなった」(チーム関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る