臥牙丸は“話せる関取” 初の金星に感情爆発トーク2分間

公開日:  更新日:

 なんだ、力士ってこんなに饒舌だったのか――そう思ったファンもいただろう。

 大相撲5月場所10日目、結びの一番で平幕の臥牙丸(28)が横綱日馬富士を圧倒。186センチ、199キロの巨体を武器に軽量横綱を押し出し、自身初の金星を手にした。

 そんな臥牙丸が感情を爆発させたのは取組後のNHKのインタビュー。アナウンサーに「初金星の臥牙丸関です。おめでとうございます」と紹介されるや、「うれしいです。久しぶりに横綱に当たるように(番付が上に)なって、金星入ってめちゃうれしいです」と満面の笑み。喜びを隠し切れず、約2分間もしゃべり通した。

 これまで取組後のインタビューといえば、荒い息をつきながら「はい」「そうっすね」と、体躯に反して蚊の鳴くような声で短い言葉を発する力士がほとんど。ファンの間からは「取組が終わって疲れているのにインタビューする方がおかしい」という声もあるものの、話そうと思えば話せるということらしい。

 日本人力士は揃って声が小さいが、インタビューの時くらい感情を出してもバチは当たらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る