臥牙丸は“話せる関取” 初の金星に感情爆発トーク2分間

公開日:  更新日:

 なんだ、力士ってこんなに饒舌だったのか――そう思ったファンもいただろう。

 大相撲5月場所10日目、結びの一番で平幕の臥牙丸(28)が横綱日馬富士を圧倒。186センチ、199キロの巨体を武器に軽量横綱を押し出し、自身初の金星を手にした。

 そんな臥牙丸が感情を爆発させたのは取組後のNHKのインタビュー。アナウンサーに「初金星の臥牙丸関です。おめでとうございます」と紹介されるや、「うれしいです。久しぶりに横綱に当たるように(番付が上に)なって、金星入ってめちゃうれしいです」と満面の笑み。喜びを隠し切れず、約2分間もしゃべり通した。

 これまで取組後のインタビューといえば、荒い息をつきながら「はい」「そうっすね」と、体躯に反して蚊の鳴くような声で短い言葉を発する力士がほとんど。ファンの間からは「取組が終わって疲れているのにインタビューする方がおかしい」という声もあるものの、話そうと思えば話せるということらしい。

 日本人力士は揃って声が小さいが、インタビューの時くらい感情を出してもバチは当たらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る