• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同国新鋭対決で火花 照ノ富士と逸ノ城はどこで差がついた?

 かつて「青白時代」と呼ばれ、火花を散らしていたモンゴル人横綱の朝青龍と白鵬。その関係を彷彿させるのが2人の後輩である照ノ富士(23)と逸ノ城(22)だ。

 その2人が激突した5月場所4日目。いきなり緊迫感が漂った。立ち合いで手をつくそぶりも見せずにじらしまくる逸ノ城。睨みつける照ノ富士に対し、逸ノ城は仕切り直しになってもまだ動かない。結局、2人がぶつかり合ったのは最初の「待ったなし!」から1分も経過していた。

 これに照ノ富士は「カーッと頭に血が上った」と怒り心頭。逸ノ城の攻めをいなし、最後は上手投げで土俵外に転がすと、すでに倒れている逸ノ城の顔をダメ押し。勝ち名乗りを受ける時も憤怒の形相だった。

 プライベートでは仲が良い2人も、土俵上ではライバル心を剥き出し。お坊ちゃんばかりの今の日本人力士には望むべくもない相撲の醍醐味……と言いたいところだが、この両者は周囲が期待するより早く、力量差がつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る