同国新鋭対決で火花 照ノ富士と逸ノ城はどこで差がついた?

公開日:  更新日:

 かつて「青白時代」と呼ばれ、火花を散らしていたモンゴル人横綱の朝青龍と白鵬。その関係を彷彿させるのが2人の後輩である照ノ富士(23)と逸ノ城(22)だ。

 その2人が激突した5月場所4日目。いきなり緊迫感が漂った。立ち合いで手をつくそぶりも見せずにじらしまくる逸ノ城。睨みつける照ノ富士に対し、逸ノ城は仕切り直しになってもまだ動かない。結局、2人がぶつかり合ったのは最初の「待ったなし!」から1分も経過していた。

 これに照ノ富士は「カーッと頭に血が上った」と怒り心頭。逸ノ城の攻めをいなし、最後は上手投げで土俵外に転がすと、すでに倒れている逸ノ城の顔をダメ押し。勝ち名乗りを受ける時も憤怒の形相だった。

 プライベートでは仲が良い2人も、土俵上ではライバル心を剥き出し。お坊ちゃんばかりの今の日本人力士には望むべくもない相撲の醍醐味……と言いたいところだが、この両者は周囲が期待するより早く、力量差がつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る