同国新鋭対決で火花 照ノ富士と逸ノ城はどこで差がついた?

公開日:  更新日:

 かつて「青白時代」と呼ばれ、火花を散らしていたモンゴル人横綱の朝青龍と白鵬。その関係を彷彿させるのが2人の後輩である照ノ富士(23)と逸ノ城(22)だ。

 その2人が激突した5月場所4日目。いきなり緊迫感が漂った。立ち合いで手をつくそぶりも見せずにじらしまくる逸ノ城。睨みつける照ノ富士に対し、逸ノ城は仕切り直しになってもまだ動かない。結局、2人がぶつかり合ったのは最初の「待ったなし!」から1分も経過していた。

 これに照ノ富士は「カーッと頭に血が上った」と怒り心頭。逸ノ城の攻めをいなし、最後は上手投げで土俵外に転がすと、すでに倒れている逸ノ城の顔をダメ押し。勝ち名乗りを受ける時も憤怒の形相だった。

 プライベートでは仲が良い2人も、土俵上ではライバル心を剥き出し。お坊ちゃんばかりの今の日本人力士には望むべくもない相撲の醍醐味……と言いたいところだが、この両者は周囲が期待するより早く、力量差がつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る