逸ノ城の減量失敗は“人災” 湊親方の指導の甘さを評論家指摘

公開日:  更新日:

 巨漢力士の“膨張”が止まらない。

 小結に復帰した逸ノ城(22)が28日の計量で自己最重量の207キロを計測。ダイエット宣言をしながら一向に体重は減らず、ベスト体重185キロを22キロもオーバーした。これには「やばいっす。どうしていいかわからない」と半ば諦めの境地だ。

 29日の稽古総見でも白鵬に一蹴された。9番取って最初の1番こそ寄り切るも、残り8番は歯が立たず。その後は白鵬相手に10分間のぶつかり稽古を行い、体が重すぎるのか転がされるとなかなか起き上がれない場面も。これにはファンの間から失笑も漏れたほどだ。

 相撲評論家の中澤潔氏が言う。

「最近の逸ノ城には(13勝した)新入幕の時ほどの動きのキレも威力もない。にわか人気でいい気分になっているのでしょう。稽古の絶対量が足りませんよ。亡くなった大鵬は最重量時153キロあったが、師匠の二所ノ関親方(元大関佐賀ノ花)に『おまえは150キロ以上になるとヒザへの負担が大きくなってケガをしかねない。危ういと思ったら稽古で汗を流して体重を落とせ』と言われ、その教えを忠実に守った。それだけ力士にとってベスト体重は大事なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る