逸ノ城の減量失敗は“人災” 湊親方の指導の甘さを評論家指摘

公開日:  更新日:

 巨漢力士の“膨張”が止まらない。

 小結に復帰した逸ノ城(22)が28日の計量で自己最重量の207キロを計測。ダイエット宣言をしながら一向に体重は減らず、ベスト体重185キロを22キロもオーバーした。これには「やばいっす。どうしていいかわからない」と半ば諦めの境地だ。

 29日の稽古総見でも白鵬に一蹴された。9番取って最初の1番こそ寄り切るも、残り8番は歯が立たず。その後は白鵬相手に10分間のぶつかり稽古を行い、体が重すぎるのか転がされるとなかなか起き上がれない場面も。これにはファンの間から失笑も漏れたほどだ。

 相撲評論家の中澤潔氏が言う。

「最近の逸ノ城には(13勝した)新入幕の時ほどの動きのキレも威力もない。にわか人気でいい気分になっているのでしょう。稽古の絶対量が足りませんよ。亡くなった大鵬は最重量時153キロあったが、師匠の二所ノ関親方(元大関佐賀ノ花)に『おまえは150キロ以上になるとヒザへの負担が大きくなってケガをしかねない。危ういと思ったら稽古で汗を流して体重を落とせ』と言われ、その教えを忠実に守った。それだけ力士にとってベスト体重は大事なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る