• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逸ノ城の減量失敗は“人災” 湊親方の指導の甘さを評論家指摘

 巨漢力士の“膨張”が止まらない。

 小結に復帰した逸ノ城(22)が28日の計量で自己最重量の207キロを計測。ダイエット宣言をしながら一向に体重は減らず、ベスト体重185キロを22キロもオーバーした。これには「やばいっす。どうしていいかわからない」と半ば諦めの境地だ。

 29日の稽古総見でも白鵬に一蹴された。9番取って最初の1番こそ寄り切るも、残り8番は歯が立たず。その後は白鵬相手に10分間のぶつかり稽古を行い、体が重すぎるのか転がされるとなかなか起き上がれない場面も。これにはファンの間から失笑も漏れたほどだ。

 相撲評論家の中澤潔氏が言う。

「最近の逸ノ城には(13勝した)新入幕の時ほどの動きのキレも威力もない。にわか人気でいい気分になっているのでしょう。稽古の絶対量が足りませんよ。亡くなった大鵬は最重量時153キロあったが、師匠の二所ノ関親方(元大関佐賀ノ花)に『おまえは150キロ以上になるとヒザへの負担が大きくなってケガをしかねない。危ういと思ったら稽古で汗を流して体重を落とせ』と言われ、その教えを忠実に守った。それだけ力士にとってベスト体重は大事なのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る