立ち合いで“報復”エルボー 横綱白鵬の相撲はもはやプロレス

公開日:  更新日:

 左のフックから右のエルボーという変則ワンツー。これがプロレスのリングならば何も問題ないが、土俵上となれば話は別だ。

 横綱白鵬(30)がまたもや暴力相撲を見せつけた。夏場所7日目(16日)の佐田の海戦、立ち合いで左の張り手を見舞うと、間髪入れず右ヒジで相手の顔面を強打。ひるんだ佐田の海を送り出して難なく仕留めた。

 白鵬は支度部屋で「(相手の)アゴを上げてから流れをつけようと思った」と得意満面。立ち合いの張り手はともかく、顔面狙いのヒジ打ちは相撲では「かち上げ」とは呼ばない。一体、これのどこが相撲なのか。

 しかも、白鵬はこの対戦の前から急に右ヒジにサポーターを巻き出した。取組後に「痛み? 多少はある」と話したものの、痛めているヒジを武器にしたのだから笑止千万。

 ある角界OBは「先場所の報復だろう」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る