• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷の“技あり”3号に楽天ファン「うちに欲しかった」

 ペーニャが二回に放った同点2ランは、東北楽天に移籍してから初の本拠地アーチ。確かにスタンドは沸いたが、その数分後の一発にも歓声が上がった。

 日本ハム大谷はこの日は3番DHで登場。三回は先頭打者として打席に入り、外角高めの変化球に体勢を崩されながらも、最後は右手一本でスイング。真芯で捉えた打球はバックスクリーンへと消えた。

 大谷が「(打った瞬間)入ると思った」と言う3号アーチは、本来なら楽天ファンにとっては気持ちのいいものではないが、岩手出身の二刀流を応援してる者も少なくない。ダイヤモンドを1周する大谷を見ながら「あの長打力は魅力。できれば楽天に入って欲しかった……」と言って生ビールをあおっていた中年ファンもいた。

 ちなみにゲームは楽天が八回の猛攻で逆転。最後は抑えの松井裕が締めて久々の3連勝となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る