FC東京とスポンサーの本音は「武藤よケガだけはしないで」

公開日:  更新日:

 果敢にファイトするのもいいし、もちろんゴールを決めるのもOK。でも、ケガだけはしないで欲しい。おまえひとりの体じゃないんだぞ――。

 英プレミアリーグの名門チェルシーへの今夏移籍が取りざたされているFC東京FW武藤嘉紀(22)が12日、湘南戦にスタメン出場した。後半19分、左サイドからのセンタリングに武藤がダイビングヘッド一発! これが決勝ゴールとなり、開幕3勝2分けと無敗キープのFC東京は、浦和と並んで首位タイとなった。

 それにしても、ハリルホジッチ代表監督の御前試合で決勝ゴールを決めるあたり、さすがチェルシーから熱視線を浴びる男の面目躍如だが、試合をスタジアムで見ていた一部関係者は、それこそ冒頭のセリフを何度も何度も吐いたことだろう。「武藤のチェルシー移籍で巨額のカネが動くワケですからね」と、サッカージャーナリストがこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る