森脇監督更迭も現実味…オリに降りかかる“魔の12年周期”

公開日:  更新日:

 残る選択肢はそう多くない。

 開幕から約2カ月で借金が「13」にまで膨れ上がっているオリックス。昨季の交流戦は巨人、ソフトバンクに次ぐ3位とあって、今季も巻き返しに淡い期待を抱くが、ここでもこければ現実味を帯びるのが森脇監督の更迭だ。

 オフにバリントン、ブランコ、小谷野、中島ら大物を次々に獲得。その費用は「総額30億円」ともいわれたが、開幕直後から故障者の続出で低迷。4月中旬には一、二軍の打撃コーチの配置転換を行ったものの目立った効果はなし。さる24日には今季2度目となる一、二軍バッテリーコーチの入れ替えも発表された。これで打開できなければ指揮官が責任を取るしかない。

「宮内オーナーはすでに森脇監督の更迭に備え対策を立てているといわれています。そのひとつが福良ヘッドコーチの監督代行です。大型補強の失敗もあって、今さら大金をはたいて大物選手を取ることはできないし、シーズン途中で新監督を擁立するのも難しいですから」とはチーム関係者。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る