FIFA汚職事件は泥沼化…あるか22年W杯“棚ボタ”日本開催

公開日:  更新日:

 国際サッカー連盟(FIFA)の185億円汚職事件は、日増しに泥沼化していく一方だ。

 FIFAの本部があるスイスで29日、理事会が開幕。会長選では5選を目指すブラッター会長(79)の当選が確実視されていたが、FIFAトップの責任を問う声も噴き出し、これまでサッカー界の不正に疑義を唱えてきた元ブラジル代表FWのロマーリオ上院議員は「ブラッターの身柄が拘束され、捕まるかもしれないという希望を抱いている」と糾弾した。

「最高責任者なので責任ゼロとは言えない」

 こう話したのは02~11年にFIFA理事を務めた小倉純二・元日本サッカー協会会長。28日、なでしこ-イタリア戦が行われた長野市内の試合会場で会見に応じて「とにかく驚いた。信じられない」と連発しながら18年ロシアW杯と22年カタールW杯について言及。スイスの司法当局が「ロシアとカタールのW杯の開催が決まった過程に不正の疑いがある」として刑事訴訟を起こしたことについて「はっきりとさせる必要がある」と断言した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る