負け試合でもイチロー存在感 マー君との対戦に弾みの適時打

公開日:  更新日:

 マーリンズ・イチローが負け試合で存在感を発揮した。

 14日(日本時間15日)のロッキーズ戦は七回に代打で出場。2死二塁の好機で相手の先発左腕デラロサの外角低めの変化球を中前にはじき返し、4試合ぶりとなる適時打を放った。後続の内野安打で二進すると、三盗を決めて今季6個目、メジャー通算493個目とし、メジャー通算500盗塁まであと7と迫った。

 15日からはヤンキースとの4連戦。本拠地マイアミでの初戦は先発が予定される田中と初対戦する可能性もある。今や全米屈指の人気球団のエース格にまで上り詰めた田中との顔合わせに弾みを付けた。もっとも、ジェニングズ監督の起用法次第ではベンチから投球を見守ることになりかねないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る