鈴木良平
著者のコラム一覧
鈴木良平サッカー解説者

1949年6月12日生まれ。東京都世田谷区出身。東海大卒業後の73年、ドイツの名門ボルシアMGにコーチ留学。名将バイスバイラーの薫陶を受け、最上級ライセンスのS級ライセンスを日本人として初取得。84-85年シーズンのドイツ1部ビーレフェルトのヘッドコーチ兼ユース監督。なでしこジャパン初代専任監督。98年福岡ヘッドコーチ。

なでしこ初代監督が危惧するW杯QF豪州戦への“不安材料”

公開日:  更新日:

 なでしこジャパンがベスト8入りを果たした。

 カナダW杯決勝トーナメント1回戦のオランダ戦で奪った2得点は、なでしこらしさの詰まった素晴らしいゴールだった。左サイドの突破が端緒となったSB有吉の先制点。右サイドを起点にし、連動したパス回しで決まったボランチのMF阪口の2点目。いずれも「流れの中」からの一発だった。

 このゴールシーン以外にオランダ戦の勝因として、「前線からの積極的なプレス」を挙げたい。

 オランダ戦前の当コラムで「必要以上に恐れてはいけない。キックオフと同時にアグレッシブにプレーすれば負けることはない」と書いた。

 相手ボールになると攻撃系の選手が厳しいプレッシャーをかけ、相手選手のミスを誘発することでリズムをつくらせなかった。こうした「連動した守備」は見事だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る