日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

5失点KOの西武・郭俊麟 まだまだ遠い“泰源2世”への道

「ボール球で自分自身を追い込んでしまった」

 こう言ってうなだれたのが、「郭泰源2世」こと西武の郭俊麟(23)。25日に先発するも三回途中5失点。打線の援護があって負け投手にはならなかったが、3勝5敗と黒星が先行する。

 昨オフに契約金5700万円、年俸1200万円の2年契約で入団。台湾体育大学を卒業したばかりの大卒1年目でプロ経験はないものの、野球W杯やWBCにも出場するなど、国際大会の経験は豊富。自身も台湾球界で活躍した渡辺久信SDの推薦で来日した。が、開幕2連勝の後はサッパリ。この日のように序盤で崩れる展開が目立つ。

 そんな郭を渡辺SDはこう励ました。

「助っ人外国人のような活躍を周囲から期待されているんだろうけど、まだプロ1年目。ルーキーならルーキーらしく、元気に腕を振って投げればいいんだよ」

 そのアドバイスを受けた直後、6月7日のDeNA戦では6回1失点の好投。4月以来の勝ち星を手にするも、その後は再び窮屈な投球に逆戻りしている。SDのアドバイスもたった1試合しか効果なく、「四球を出すと力むなあ……」と田辺監督を嘆かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事