期待の若手、相撲界に直言

公開日:  更新日:

「新しい人が出てこないと流れが悪くなるよね。ここから先、出てくるよ。照ノ富士? 逸ノ城? 遠藤は、たぶん今、腹いっぱいだよ。相撲以外の収入で満たされちゃってんじゃないかな。ハングリーじゃない」

  期待の若手力士について聞くと、こう言って笑った武蔵川親方。日本人としては寂しいが、まげを結う前からスポンサーが付いた遠藤が「ハングリーじゃない」と言われればうなずかざるを得ない。照ノ富士、逸ノ城……顔ぶれは変わってもモンゴル勢の時代が続くことになるのだろう。

 外国人力士の先人である武蔵川親方だが、現役時代から外国人という感じがしなかった。風貌が西郷さんに似ていたこともあったかもしれないが、それだけではない。日本語は拙いが、今の日本人に失われつつある“心”がシッカリとあるからだ。それが、そのまま相撲スタイルになっていた。愚直に「前へ」というのが先代親方の横綱三重ノ海からの教えで、変化は「したことがない」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る