期待の若手、相撲界に直言

公開日: 更新日:

 張り差しや変化が当たり前の白鵬は審判に文句を付け、それが間違いだったにもかかわらずキチンと謝罪もしない。それどころか、今も気に入らないことがあれば報道陣に背を向ける傲慢さである。それは、彼がモンゴル出身の外国人だから、ではない。要は、考え方なのだ。

「私は相撲界に入ったときから“外国人”じゃない。私は“お相撲さん”で、日本人と一緒。それは、心はこっち(日本)に置いてる、ってこと。帰化もしたし、外見は外国人でも中身は日本人以上に日本人になるように努力してきたよ。

 私は、最後まで日本にいる。日本で死ぬ、という気持ちだよ。日本で、日本人として生きていく、という覚悟だよ。だから今、ここにいる。

 その覚悟がなければ辞めればいいんだ。白鵬は、まだお相撲さんになってないんじゃない?」

 今後の角界を背負っていくと思われる照ノ富士や逸ノ城は、どうなっていくのだろう? 同じように海外からやってきて、今は親方として後進を育てる武蔵川親方は、どう見ているのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  2. 2

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る