オリは“泣きっ面に蜂”…エースで勝てず、小谷野が今季絶望

公開日:  更新日:

 オリックスが敵地・千葉で赤っ恥をかいた。

 28日のロッテ戦で1-2で負け。スコアだけ見れば惜敗だが、内容は大惨敗と言っても過言じゃない。なにせ、打線はロッテの倍となる10安打を打ちながら、たった1点しか取れなかった。投げてはそれまで1失点と好投していたエースの金子が、七回に単打3本を浴び、1死満塁。打率.234の田村には外角ばかりでカウントを悪くし、結局押し出し四球を与えてしまったのだ。

 打線もブザマなら、低打率の打者相手に逃げる投球で自滅したエースも情けない。5位楽天には7ゲーム差もつけられ、3位日本ハムとは12.5ゲーム差。この日は初回に小谷野が死球を受け、右手首を骨折。全治2カ月で今季ほぼ絶望となったが、それがなくてもCSはおろか最下位脱出すらままならないだろう。

 すべての要因はカネにあかせて、ポジションのかぶる選手をこれでもかと獲得したフロントの見る目のなさ。メジャーに行く行かないと態度をハッキリしなかった金子を甘やかし続けたツケだ。

 ケガ人続出でお祓いを行った楽天に倣って、オリックスは編成の責任者を「お払い箱」にした方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る