オリは“泣きっ面に蜂”…エースで勝てず、小谷野が今季絶望

公開日:  更新日:

 オリックスが敵地・千葉で赤っ恥をかいた。

 28日のロッテ戦で1-2で負け。スコアだけ見れば惜敗だが、内容は大惨敗と言っても過言じゃない。なにせ、打線はロッテの倍となる10安打を打ちながら、たった1点しか取れなかった。投げてはそれまで1失点と好投していたエースの金子が、七回に単打3本を浴び、1死満塁。打率.234の田村には外角ばかりでカウントを悪くし、結局押し出し四球を与えてしまったのだ。

 打線もブザマなら、低打率の打者相手に逃げる投球で自滅したエースも情けない。5位楽天には7ゲーム差もつけられ、3位日本ハムとは12.5ゲーム差。この日は初回に小谷野が死球を受け、右手首を骨折。全治2カ月で今季ほぼ絶望となったが、それがなくてもCSはおろか最下位脱出すらままならないだろう。

 すべての要因はカネにあかせて、ポジションのかぶる選手をこれでもかと獲得したフロントの見る目のなさ。メジャーに行く行かないと態度をハッキリしなかった金子を甘やかし続けたツケだ。

 ケガ人続出でお祓いを行った楽天に倣って、オリックスは編成の責任者を「お払い箱」にした方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る