稽古嫌いの横綱白鵬 “妙技”の「後の先」今さら試す笑止千万

公開日: 更新日:

 相撲ファンのみならず、武道経験者も「何が後の先だ?」と呆れているに違いない。

 12日初日の7月場所に向け調整を行っている横綱白鵬(30)。8日は出稽古に来た友綱部屋の力士たちを相手に汗を流した。

 この白鵬が取り組んでいるのが「後の先」だ。大横綱双葉山が会得していた立ち合い。常日頃から「双葉山を尊敬している」と口にする白鵬だけに、何が何でもモノにしたいのだろう。5日の出稽古でも大関稀勢の里相手に「後の先」を試すも、うまくはいかなかったようだ。

 しかし、あの白鵬が「後の先」とはちゃんちゃらおかしい。「後に動いて先を取る」という意味の後の先は、相撲だけではなく多くの武道に共通する基本にして極意。相手を先に動かした上で、その動きばなを捉えなくてはいけない。相撲ならば立ち合いで一瞬遅れたように見えても、組んだ時には有利な形になっている、ということだ。相手の攻めを受けた上で勝つ横綱相撲とも異なり、何よりも集中力、観察力、反応力が問われる。一朝一夕で会得できるものではなく、日々の稽古の積み重ね以外にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    日テレvsテレ朝「視聴率3冠」争い “美人女医対決”が勃発か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る