新大関・照ノ富士は? 昇進後は弱いモンゴル力士のジンクス

公開日: 更新日:

 5月場所で優勝し、大関に昇進した照ノ富士(23)。12日開幕の7月場所では横綱白鵬の1強時代に終止符を打つことが期待されるが、一抹の不安がないわけでもない。

 というのも、モンゴル人力士は「昇進後は弱い」からだ。一時代を築いた朝青龍、白鵬はともかく、日馬富士鶴竜の成績を見れば一目瞭然。いずれも大関昇進直後は8勝7敗と、勝ち越すのがやっとだった。

 常に優勝争いに加わらなくてはいけない大関としての重圧に加え、スポンサーやタニマチから座敷の誘いも増える。加えて、ある角界OBは「日馬富士と鶴竜に共通していたものがある」と言う。

「いわゆる、『借りたもの』を返したからでしょう。そもそも、この2人は昇進がかかっていた場所だけ無類の強さを発揮している。特に顕著なのが横綱昇進直前。日馬富士は2場所連続全勝優勝、鶴竜も2場所続けて14勝1敗です。これだけ強い力士が昇進後は平幕にもコロコロ負ける。それで疑惑の目を向ける人間が少なからずいたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る