新大関・照ノ富士は? 昇進後は弱いモンゴル力士のジンクス

公開日:  更新日:

 5月場所で優勝し、大関に昇進した照ノ富士(23)。12日開幕の7月場所では横綱白鵬の1強時代に終止符を打つことが期待されるが、一抹の不安がないわけでもない。

 というのも、モンゴル人力士は「昇進後は弱い」からだ。一時代を築いた朝青龍、白鵬はともかく、日馬富士、鶴竜の成績を見れば一目瞭然。いずれも大関昇進直後は8勝7敗と、勝ち越すのがやっとだった。

 常に優勝争いに加わらなくてはいけない大関としての重圧に加え、スポンサーやタニマチから座敷の誘いも増える。加えて、ある角界OBは「日馬富士と鶴竜に共通していたものがある」と言う。

「いわゆる、『借りたもの』を返したからでしょう。そもそも、この2人は昇進がかかっていた場所だけ無類の強さを発揮している。特に顕著なのが横綱昇進直前。日馬富士は2場所連続全勝優勝、鶴竜も2場所続けて14勝1敗です。これだけ強い力士が昇進後は平幕にもコロコロ負ける。それで疑惑の目を向ける人間が少なからずいたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る