• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新大関・照ノ富士は? 昇進後は弱いモンゴル力士のジンクス

 5月場所で優勝し、大関に昇進した照ノ富士(23)。12日開幕の7月場所では横綱白鵬の1強時代に終止符を打つことが期待されるが、一抹の不安がないわけでもない。

 というのも、モンゴル人力士は「昇進後は弱い」からだ。一時代を築いた朝青龍、白鵬はともかく、日馬富士、鶴竜の成績を見れば一目瞭然。いずれも大関昇進直後は8勝7敗と、勝ち越すのがやっとだった。

 常に優勝争いに加わらなくてはいけない大関としての重圧に加え、スポンサーやタニマチから座敷の誘いも増える。加えて、ある角界OBは「日馬富士と鶴竜に共通していたものがある」と言う。

「いわゆる、『借りたもの』を返したからでしょう。そもそも、この2人は昇進がかかっていた場所だけ無類の強さを発揮している。特に顕著なのが横綱昇進直前。日馬富士は2場所連続全勝優勝、鶴竜も2場所続けて14勝1敗です。これだけ強い力士が昇進後は平幕にもコロコロ負ける。それで疑惑の目を向ける人間が少なからずいたわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る