日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米大リーグ球宴 “お祭り男”トラウトが先頭打者弾&MVP

 ア・リーグ西地区のスター選手が、いきなり魅せた。

 米オールスターは14日(日本時間15日)、レッズの本拠地シンシナティの「グレート・アメリカン・ボール・パーク」で行われ、エンゼルスのマイク・トラウト外野手(23)が先頭打者本塁打を放った。

 ナ・リーグの先発グリンキーの151キロの速球を振り抜くとライナーで右翼スタンドに叩き込み、両リーグトップの防御率1・39と好調な右腕の出はなをくじいた。

 前半戦は324打数101安打の打率3割1分2厘、リーグトップタイの26本塁打、55打点。プホルスとともにア・リーグ西地区首位と好調なチームを牽引した。

 昨季の球宴では2安打2打点をマークし、MVPを受賞。昨季限りで引退した前ヤンキースのジーターに代わってメジャーを代表する選手への飛躍を期待された。昨季のレギュラーシーズンでは打点王(111)を獲得し、リーグのMVPにも選ばれるなどブレークした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事