ベイ中畑監督には寝耳に水? “手負い”の筒香が球宴で大暴れ

公開日:  更新日:

「おい、話が違うじゃねえかっ!」

 球宴後のDeNAの中畑監督は、そんな心境だったろう。17日、9年ぶりに開かれた12球団監督会議を終えると、口をへの字に曲げてこう言っていたからだ。

「状態が良くないので、たっちゃんには、『お願いします』と話をした」

“たっちゃん”とは、球宴で全セの指揮を執る巨人の原監督。お願いしたのは、自軍の4番打者・筒香(23)の起用法である。

 筒香は15日の巨人戦で右ヒジに死球を受けている。試合後に病院に直行した際は、患部が赤く腫れ、血がたまっている状態。一時は球宴出場も危ぶまれた。そこで、DHでの起用か代打待機を念頭に置いて、「決めるのは向こう。監督に預ける。口出しはしない」と言いつつ、「筒香の状態は説明してある。痛みがあるから、そういうことを考慮して起用していただけたら」と原監督に配慮を求めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

もっと見る