日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ中畑監督には寝耳に水? “手負い”の筒香が球宴で大暴れ

「おい、話が違うじゃねえかっ!」

 球宴後のDeNAの中畑監督は、そんな心境だったろう。17日、9年ぶりに開かれた12球団監督会議を終えると、口をへの字に曲げてこう言っていたからだ。

「状態が良くないので、たっちゃんには、『お願いします』と話をした」

“たっちゃん”とは、球宴で全セの指揮を執る巨人の原監督。お願いしたのは、自軍の4番打者・筒香(23)の起用法である。

 筒香は15日の巨人戦で右ヒジに死球を受けている。試合後に病院に直行した際は、患部が赤く腫れ、血がたまっている状態。一時は球宴出場も危ぶまれた。そこで、DHでの起用か代打待機を念頭に置いて、「決めるのは向こう。監督に預ける。口出しはしない」と言いつつ、「筒香の状態は説明してある。痛みがあるから、そういうことを考慮して起用していただけたら」と原監督に配慮を求めたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事