帰国の裵相文 「マスターズ優勝なら兵役免除あったかも」の声

公開日:  更新日:

 米男子ゴルフツアーで2勝している韓国の裵相文(29)が兵役のため帰国命令を受けたと、聯合ニュースが22日に報じた。

 08、09年に韓国ツアーで賞金王になった裵は、10年からは日本ツアーに参戦。11年には日本オープンなど3勝を挙げて賞金王に輝いた。12年から主戦場を米ツアーに移すと、13、14年に各1勝を挙げ、13年には米国の永住権も取得。裵は兵務庁で国外旅行期間を延長し、米国でプロゴルファーとして活動を続けていた。

 しかし同庁は昨年12月、旅行期間の延長を認めないことを本人に伝え、同時に1月末までに帰国するよう求めた。それでも帰国しなかったため兵役法違反の容疑で警察に告発していた。

 裵は国外旅行期間の延長許可を認めないとした処分の取り消しを求めていたが訴訟で敗訴。「判決を全面的に尊重し、法の判断を謙虚に受け入れる」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る