モンゴルの先輩・旭天鵬崖っぷちで白鵬が狙う“ウルトラC”

公開日:  更新日:

「最古のモンゴル人力士」に引退危機だ。

 前頭11枚目の旭天鵬(40)は12日目に精彩を欠いた相撲で9敗目。十両陥落なら引退を表明しているだけに、いよいよ後がなくなってきた。

 すでに日本に帰化し、親方株も取得済み。引退後は親方になるのは確実だが、今のところ独立の気配はまったくない。友綱部屋では内弟子を取っておらず、「そのまま部屋付親方になるのでは」と言われている。

 そんなモンゴルの大先輩を“虎視眈々”と狙っているのが横綱白鵬(30)だ。ある角界OBがこう話す。

「旭天鵬は92年に旭鷲山らと来日したモンゴル人力士第1号。白鵬も先輩を尊敬し、慕っている。何より40歳まで現役を続けた力士の話は参考になる。自身の宮城野部屋で部屋付親方として迎える気があると思う。何しろ旭天鵬が最初に所属していた大島部屋が12年に閉鎖した時も、所属していた力士を師匠に無断で受け入れようとしたほどです。当時は宮城野親方が『勝手なことをするな! そんなに面倒見きれるか!』と一喝し、かなわなかったのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る