• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モンゴルの先輩・旭天鵬崖っぷちで白鵬が狙う“ウルトラC”

「最古のモンゴル人力士」に引退危機だ。

 前頭11枚目の旭天鵬(40)は12日目に精彩を欠いた相撲で9敗目。十両陥落なら引退を表明しているだけに、いよいよ後がなくなってきた。

 すでに日本に帰化し、親方株も取得済み。引退後は親方になるのは確実だが、今のところ独立の気配はまったくない。友綱部屋では内弟子を取っておらず、「そのまま部屋付親方になるのでは」と言われている。

 そんなモンゴルの大先輩を“虎視眈々”と狙っているのが横綱白鵬(30)だ。ある角界OBがこう話す。

「旭天鵬は92年に旭鷲山らと来日したモンゴル人力士第1号。白鵬も先輩を尊敬し、慕っている。何より40歳まで現役を続けた力士の話は参考になる。自身の宮城野部屋で部屋付親方として迎える気があると思う。何しろ旭天鵬が最初に所属していた大島部屋が12年に閉鎖した時も、所属していた力士を師匠に無断で受け入れようとしたほどです。当時は宮城野親方が『勝手なことをするな! そんなに面倒見きれるか!』と一喝し、かなわなかったのですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る