音羽山親方急逝で…貴乃花親方に接近もくろむ横綱白鵬の狙い

公開日: 更新日:

 去る6月20日、音羽山親方(元大関貴ノ浪)が急死。これに大打撃を受けたのが貴乃花親方(42、元横綱=写真円内)だ。

「貴乃花親方にとって、現役時代に二子山部屋で切磋琢磨した音羽山親方は右腕どころか両腕も同然。頭も切れるし、弁も立つ。理事長のイスを狙う貴乃花親方に欠かせないブレーンでした」(相撲記者)

 もともと貴乃花一門は他に阿武松部屋と立浪部屋しかない弱小一門。音羽山親方亡きいま、ナンバー2は阿武松親方(元関脇益荒雄)だが、阿武松部屋といえばかつては野球賭博の温床だったところ。それを許していた親方に、音羽山親方の代わりが務まるはずもない。

 音羽山親方が参謀として根回しと交渉をし、貴乃花親方を支えていく――そんな青写真はもろくも崩れたことになる。

 そんな貴乃花親方への接近をもくろんでいるのが横綱白鵬(30)だという。「日本国籍取得者のみ」という現状のルールがネックとなり、このままでは永遠に親方にはなれない。特例を認めるように水面下でコソコソやっていたものの、北の湖理事長にはピシャリとはねのけられた。そこでターゲットにしているのが貴乃花親方とか。モンゴル人力士の親玉として彼らをまとめて、窮地の親方に接近。見返りとして特例を認めてもらおうという腹積もりらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  10. 9

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る