• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

音羽山親方急逝で…貴乃花親方に接近もくろむ横綱白鵬の狙い

 去る6月20日、音羽山親方(元大関貴ノ浪)が急死。これに大打撃を受けたのが貴乃花親方(42、元横綱=写真円内)だ。

「貴乃花親方にとって、現役時代に二子山部屋で切磋琢磨した音羽山親方は右腕どころか両腕も同然。頭も切れるし、弁も立つ。理事長のイスを狙う貴乃花親方に欠かせないブレーンでした」(相撲記者)

 もともと貴乃花一門は他に阿武松部屋と立浪部屋しかない弱小一門。音羽山親方亡きいま、ナンバー2は阿武松親方(元関脇益荒雄)だが、阿武松部屋といえばかつては野球賭博の温床だったところ。それを許していた親方に、音羽山親方の代わりが務まるはずもない。

 音羽山親方が参謀として根回しと交渉をし、貴乃花親方を支えていく――そんな青写真はもろくも崩れたことになる。

 そんな貴乃花親方への接近をもくろんでいるのが横綱白鵬(30)だという。「日本国籍取得者のみ」という現状のルールがネックとなり、このままでは永遠に親方にはなれない。特例を認めるように水面下でコソコソやっていたものの、北の湖理事長にはピシャリとはねのけられた。そこでターゲットにしているのが貴乃花親方とか。モンゴル人力士の親玉として彼らをまとめて、窮地の親方に接近。見返りとして特例を認めてもらおうという腹積もりらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る