白鵬“アッパー”も師匠に電話注意 相撲協会の弱腰に厳しい声

公開日: 更新日:

 横暴横綱のブザマな姿に、観客も歓喜して座布団を放り投げた。

 10日目にして土がついた全勝の白鵬(30)。8勝1敗の栃煌山相手に鋭い立ち合いを見せるも、体が伸びたところをはたかれて、あっさり土俵に手をついてしまった。

 前日は勝負がついた後にもかかわらず、逸ノ城にアッパー気味のノド輪を食らわせ、揚げ句に突き飛ばすという「暴挙」。角界内外から非難の声が噴出した。この日の取組前の「栃煌山コール」、負けた後の大歓声は、単なる判官びいきというわけではないだろう。

 ところが、肝心の相撲協会はといえば、審判部がその日の晩に白鵬の師匠、宮城野親方(元幕内竹葉山)に電話をかけて注意しただけ。伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)は「ハッキリ言って態度が悪い」と憤慨しながらも、「直接本人を呼び出す? 場所中におかしい」と、野放しなのだ。これまでも観客のいる土俵下でのダメ押し、審判部批判と散々やらかしながら、何をためらっているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る